東京発のファミリー向け遊び情報が満載♪

ノリックジオグラフィック

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シュノーケルスポット 沖縄

大渡海岸(ジョン万ビーチ)のシュノーケル情報

更新日:

大渡海岸(ジョン万ビーチ)ってどんなところ?

大渡海岸は南部の主要なシュノーケリングスポットであり、ダイビングの講習でも使われる安全な場所です。

リーフが発達していて、内側の透明度は高く、サンゴもあり、いろんな魚を見ることができます。

ビーチ際は砂浜もありますが、駐車場の目の前はサンゴの岩盤になっているため、子どもにはマリンシューズを履かせておきましょう。

潮が引いてくると、磯遊びも楽しめます。
磯遊びを楽しむ場合は、金魚網みと虫かごを持っていきましょう。
潮溜まりをよく見ると、小さいイソスジエビがうじゃうじゃいます。

大渡海岸(ジョン万ビーチ)へのアクセス

ジョン万ビーチは平和祈念公園やひめゆりの塔から車で約5分。
那覇国際通りからも車で約40分くらいで来られるため、アクセス良好です。

カーナビの設定は下記のいずれかにしましょう。
・大渡浜海岸駐車場
・〒901-0334 沖縄県糸満市大度243

東家の横を直進すると無料駐車スペースがある。

駐車場は無料駐車場が30台ほど。人気があるため夏季の日中は埋まってしまいます。

大渡海岸の有料駐車場


すぐ横に1日300円の有料駐車場があり、そちらは余裕を持って停められます。

大渡海岸(ジョン万ビーチ)の遊び方

駐車場の目の前が海なので、特に迷うことはありません。
駐車場で海遊びの用意をしたら、青矢印に沿って磯遊びやシュノーケリングを楽しみましょう。

クリックしてGoogleマップへ

エリアが現地で区切られてるわけではありません。
私の独断ですが、概ね上記のような感じになります。

人気ビーチなので、いつ行っても人はいます。
現地の人もビーチテントを立てたり、飲食したりしてビーチを楽しんでいます。

大渡海岸(ジョン万ビーチ)の全体像

大渡海岸の東家から見た左方向
大渡海岸の東家から見た中央方向
大渡海岸の東家から見た右方向

大渡海岸は東家から見て右方向に広大なイノー(サンゴ礁池)が広がっており、全体がシュノーケリングスポット、陸側は磯遊びスポットです。

シュノーケリングの必須グッズは?

必須1 ライフジャケット

必須2 マスク・シュノーケル

-シュノーケルスポット, 沖縄

Copyright© ノリックジオグラフィック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.